【新着】6月CPIはインフレ鈍化が鮮明に!急転!円高ドル安が加速する市場への影響は?

  • 2023.07.13
  • YYC
【新着】6月CPIはインフレ鈍化が鮮明に!急転!円高ドル安が加速する市場への影響は?

【新着】6月CPIはインフレ鈍化が鮮明に!急転!円高ドル安が加速する市場への影響は?

【今回の動画のポイント】
・前回5月CPIでは住居に加え、予想に反して中古車が指数を押し上げ
・マンハイム中古車価格指数は下落基調であり、今回CPIに反映されると期待
・ジロー家賃指数は前年比低下が続いており、CPIの住居項目の低下を示唆
・クリーブランド連銀のCPIナウの予想は、市場予想をやや上回る
・円売りトレードの巻き戻しから短期的にはドル安、円高が一方方向に進みやすい
・6月CPIはインフレ鈍化が鮮明になるとみられ、ドル安を後押しする可能性も
・日銀のYYCの政策修正観測による面が強く、さらなるドル安、円高進行には確たる材料 
 が必要

詳しい解説と分析については動画をご覧ください。

auカブコム証券 投資情報室の笹原 勇人が、マクロ指標から捉える最新の為替相場の解説動画をご案内いたします。

前回動画~強すぎる雇用に戦々恐々?平均時給に注目、6月雇用統計

■解説者
auカブコム証券 投資情報室 笹原 勇人
2023年4月より現職。前職中堅証券にて15年、リテール営業をはじめ投資情報部にて情報配信業務などに従事。米国株情報を中心に投資情報資料の作成・お客さま向け勉強会・セミナーなどを行う。日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)、国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe )、AFPなど多彩な資格を有する。
#雇用統計
#fx
#ドル円
#fomc
#ドル円
#カブコム
#au
#為替
#米国株
#アメリカ
#投資
#ポンド円
#利上げ

===
・本セミナーは、情報提供を目的としており、特定の商品の推奨や売買に関する断定的判断の提供を目的とするものではありません。
・当セミナーにおいて、信用取引、先物・オプション取引や外国為替証拠金取引(FX)を含む当社取扱商品の勧誘を目的とした商品説明やご案内等、および証券口座開設のご案内をさせていただくことがあります。
・auカブコム証券のお取扱商品へのご投資の際は、各商品に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。各商品等は価格の変動、金利の変動、為替の変動等により投資元本を割り込むおそれがあり、また商品等によっては投資元本を超える損失(元本超過損)が生じるおそれがあります。
・各商品の手数料等は、商品、銘柄、取引金額、取引チャネル等により異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。手数料等の詳細は、当社ホームページ( )をご覧ください。手数料等には消費税が含まれます。
・当社お取扱商品の手数料等およびリスクの詳細については、契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、約款・規定集および当社ホームページの「ご投資にかかる手数料等およびリスクについて」( )や取引ルール等をよくお読みの上、投資の最終決定はご自身のご判断と責任でおこなってください。

ご意見、ご感想はこちらまで​

[商号]​
auカブコム証券株式会社​
[金融商品取引業者等の登録番号]​
関東財務局長(金商)第61号/関東財務局長(銀代)第8号/関東財務局長(電代)第18号​
[加入協会]​
日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会/一般社団法人日本STO協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会
・金融商品の取引は、市況の変化等により価格が変動し損失が生じるおそれがあります。​
・金融商品の取引にあたり、契約締結前交付書面の内容を十分にお読みください。​

YYCカテゴリの最新記事